日中は太陽光・夜間は蓄電池の電気を使う

一日の時間帯による電気使用イメージ

卒FITにより、太陽光発電の余剰電力買取価格が大きく変化することで、売ることよりも使うことによる経済的メリットが大きくなります。太陽光発電は環境に優しい再生可能エネルギーですが、日照によって発電量が左右され単体では昼間の発電中しか使用できません。蓄電池システムと併用することで夜間使用も可能になり、より効率的にエネルギーを活用することができます。

災害などの停電時、もしもの時に電気が使える

災害時安心のイメージ

蓄電システムを備えていれば、停電の際に自動で電力の切り替えをしてくれます。家中の電気が使用できる全負荷と呼ばれるタイプと特定回路のみ使用できる特定負荷と呼ばれるタイプの2種類があり、停電時の備え方次第でお選びいただけます。

電力を自給自足して、電気代を節約できる

節約のイメージ

循環型発電は、昼間の余剰電力を蓄電池にためて夕方〜夜間に使用できるようにするシステムです。家庭で使用する電気の自給率を上げることで、快適な日常生活を送りつつ、月々の電気代を抑える効果が期待できます。

ライト

余剰電力の
買取価格が変わります

買取電気と電気量のバランス
買取電気と電気量のバランス

2009年当初48円/kWhだった買取単価は2019年以降大幅ダウン。
※2018年の時点で7〜8円/kWh

買取電気と電気量のバランス

電気料金は年々上昇傾向、さらにご家庭での使用量も増えれば光熱費に大きく影響することに。

2009年にはじまったFIT(固定価格買取制度)に基づく売電は、申請から10年で買取期間満了となります(卒FIT)。電力会社との再契約も可能ですが、タイショーでは、よりおトクに太陽光を活用する蓄電池との併用をお勧めしています。

固定価格買取期間
終了後は…

余った電気を蓄電池に貯めて使う
電気代を節約

自家消費
自家消費イメージ

余剰電力を蓄電池にためれば、夕方〜夜間に使用することができます。さらに夜間使用料の安い電気料金プランを選択すればより賢い光熱費の節約につながります。

新しい契約先を探して電気を売り
電気代を節約

卒FIT買取サービス
買取イメージ

卒FITの方を対応に、大手電力会社が卒FIT買取サービスを発表しています。新たに契約をし直さなくはいけませんが、電力会社へ売電するのも選択肢の一つです。

余った電気の使いみち、
考えてみませんか?

タイショーの
循環型発電システムなら

提案イメージ
適切な発電システムのご提案
現在の発電量や電気使用量などをヒアリング。適切な循環型発電システムをご提案いたします。
屋根の上の作業
信頼と実績
施工数3000件以上の実績。様々な設置条件でもご対応させていただきます
スタッフ訪問
発電コンセルジュがサポート
不安な点は発電コンシェルジュが丁寧にサポートいたします。お気軽にご相談ください。

ライフスタイルに合った最適な発電システムをご提案いたします。

お電話にて相談 資料請求・お問い合わせ